古本の中のさまざまな物語

・本に関する参考サイトの紹介・
枚方で出張をメインに古本買取

今まで本をかなり読んできたために、家の中は本だらけになっています。

しかし自分の「読書好き」は止められず、図書館へ行って何時間も本棚の間を歩き回っているのを幸せに感じたり、読みたい新刊書を予約したりしています。

最近の1番のお気に入り作品は映画にもなった「永遠の0」がお気に入りで何度も読み返しました。

それでもやっぱり自分の気に入った本は自分のそばに置いておき、「読みたい」と思う時にすぐに手が伸ばせるというのが理想の生活。
そのために今まで以上に古本屋へ行く機会が増えました。多く蔵書をしているのですが、お気に召さなかった本などは本を探すついでに買取をしてもらっています。

中には最近出たばかりの本が並んでいたり、学生時代に読んだけれど、数年前から行方不明になってしまった本に再会できたりして、思わず手にとって当時を思い出したりしています。

そんな風に読書の楽しみもあるのですが、最近本を買った時に読書以外の楽しみがある事を見つけました。

ある日古本屋で買てきた本の中に一枚の手紙が入っていました。それには短く
「○○様、今年もどうかよろしくお願いします △△」
と書かれていました。

この二人の間には、この本を間に挟んでどんな物語があったのだろう。
友達? 職場の同僚? 職場の先輩後輩? それとも恋心を寄せている人?・・・たった一行のメモ書きのような手紙でしたが、自分の買った本の中からまた別の物語が出てきたようで、なんだか宝物を見つけたような気分になりました。

そんなことを考えながら本を買っていると、案外本の間からは色々なものが出てくるものです。自分の顔をイラストで描いたカラフルな名刺が出てきたこともありました。
いきなり電話をかけてみたら、案外本の話題で盛り上がり友達の輪が広がるかも・・などと出来もしないような想像をして楽しんでいます。

ほかにもどこか遠い街の本屋のレシートや、昔懐かしい文庫についていた模様のしおりなど・・・。
見つけたものは自分の机のビニールシートの下に入れて、博物館の展示室のようにいつも眺められるようにしています。

本という物語の中から別の物語が出てきてそれがどんどん広がっていく・・・。宝探しをするような気持ちで今日も古本屋の棚を眺めています。

娘を見習ってもっと本に親しまなければ・・・

皆さんは本が好きですか?どのくらい本を読んでいますか?

私はお恥ずかしいことにあまり本を読んでいません。
決して本が嫌いなわけではないし、たまに本屋さんで本を買うくせに、なかなか最後まで読まないで中途半端になってしまっている本が多いのです。

また、子供によく指摘されるのですが、私が買う本と言えば小説などではなく、ハウツー本自己啓発本がほとんどです。
簡単に~を手に入れるみたいなお得感のある内容に惹かれて買ってしまうことが多いのですが、最後までは読まないことが多く、そのままになってしまっているものが多いので反省しています。

・本に関する参考サイトの紹介・
自己啓発本ランキング

私には娘が二人いるのですが、娘たちは二人共本が好きでよく読んでいます。
特に高校生の長女の方は、小学生の頃から本が好きでよく読んでいました。中学生になると更に本好きになったみたいで、私が見るといつも本を読んでいるくらい、よく本を読んでいました。
多い時は一ヶ月に30冊以上読んでいましたし、本が好きなので苦痛にも感じず、本の世界に入ってしまっているくらい好きな内容のものは特に集中して読んでいました。
私はそんな娘の姿をいつも見ていて、自分の娘ながら尊敬しています。特に歴史物やファンタジー物が好きみたいで、気に入ったものは特に夢中になって読んでいます。
私が今までの人生で読んだ本のいったい何倍、いや何十倍の本を読んだことでしょう!?もしかしたらそれ以上かもしれないくらい、本当にたくさんの本を読んでいます。

娘は中学生の頃、あるコンテストで2年連続表彰されたのですが、それはやはり日頃の読書によって培われた文章力なども影響していると感じました。
自分の考えや意見を述べたのですが、それを書く時も一切私に聞くこともなく、本当に一人で仕上げていましたので、読書で得た力はとても大きいと思います。

本を読むことは知識が増えるばかりではなく、意味を理解したり、気持ちを読み取ったり、文章力を養ったりと本当に大切なことだと感じています。

私も少しは娘を見習って、もっといろいろな本を楽しんで読むようにしたいです。

私にとって本とはなくてはならないもの

私は昔から本を読むことが大好きで、小説から漫画までいろいろなジャンルのものを読んでいます。

それも毎日わずかにでも暇があれば本を読むので、一ヶ月に数冊から多いときでは十数冊も本を購入することになります。
するとあっという間に自宅の本棚には本が納まりきらなくなってきます。

そこで昔はある程度増えてきたらまとめて処分していたのですが、最近では例えわずかな額にでもなれば良いと、古本屋に持ち込んで買取査定を利用しています。
古本屋の買取というとよほど珍しい本かそれともかなりの量の本を持ち込まなければまとまった額にはならないのですが、ただ捨ててしまうよりはマシだろうと思っています。
ただせっかく古本屋に持ち込んでもそこで査定を待っている間、古本屋の店内をウロウロとしているとまた新たに読みたいと思う本を見つけてしまいます。
購入することも多いため、結局本はあまり減らずにまた本棚に増えてしまうといったことになります。

また私は読み終わった本全てを買い取りに持ち込むのではなく、何度も読み返したいと思う本だけはずっと売らずに取ってあります。
ですが気に入った本というのがけっこう多く、よほど面白くない内容の本でなければ手放すことができないため、日に日に自宅には本が増えています。
このままではそのうち本棚におさまりきらないどころか、本だけで自宅の棚を全て占領してしまうのではないかといった勢いです。

とはいえ読書だけは止められないので、本が増えていくのも仕方がないかなと最近では思っています。
本が増えていくということは、それだけ面白い本にたくさん出会えたということになり、本好きな私としてはある意味幸せな事です。

そしてそういった自分の気に入った本を、一度読み終えるとまた数ヵ月後、数年後に読み返し新しい発見をしたり、より感動を覚えたりとするのです。

感動した本は人にも伝えたいので、古本を買取してもらっている最中に探したりもしています。

そういったことで私にとって本とは、毎日の楽しみであるとともになくてはならない存在となっています。