便利なインターネットの本屋さん

みなさんは本ってどこで買ってますか?
私は最近は本屋ではなくネットで買うことが多くなりました。

ネットだと自分が欲しい分野の本を色々比較して探せますしクチコミなどで評判の良いものも探せます。
特に私はデザイン系の書籍やキャッチコピーに関する書籍を仕事で使うのでそういった書籍はネットで評判の良いものかどうか確かめてから探すようにしています。
デザイン系の書籍なんかは1冊3000円くらいするものが多いので失敗すると痛い金額ですし…。

マンガや小説も買いますが自分の欲しいと思っている本がちょっとマイナーだったりすることも多くそういう場合は本屋さんに行っても置いてないんですよね。
そんなときもネットは便利です。

大体Amazonや楽天やポンパレモールで買っていますね。
まずはAmazonで探してみます。
Amazonだと新品と中古の在庫を両方同時に検索できるのが便利ですね。
私は中古があって新品よりも安い場合はたいてい中古で買っています。
中古でも結構きれいな本が多いですよ。
家計には助かりますね。

ただ、中古で買った本のお金はその本の作者さんには入りませんからマイナーな作家さんを応援したいという気持ちがあるときにはなるべく新品で買うようにしています。
私は楽天カードとリクルートカードを持っているので新品で買う場合でポイントが溜まっていて使えそうなときは楽天かポンパレモールで買っています。

この前は楽天のポイントが1000円くらい溜まっていたので楽天で「タオルケットをもう一度」という小説を買いました。
送料無料で届くのも早かったですよ。

この本は人気のフリーゲームを小説化したものなんです。
RPGなのでシナリオがありますからね。
それを元に少し肉付けしていった感じです。

そのゲームはふりーむ!というサイトで
水野輝和さんという作者さんが無料で配布しています。
小説と同じ「タオルケットをもう一度」というタイトルです。

このタオルケットシリーズはすごく面白くて今、3・2・1とプレイしました。
無料でこんなに面白いゲームができるなんてなんだか作者さんに悪いなあ…と思うほどハマってしまいました。

少しでも作者さんを応援したかったので「タオルケットをもう一度」の小説は新品で購入することにしました。
売上次第で続編がでるみたいです。
小説も面白かったので続編期待したいですね。

最近はネットで気軽に注文できて新品か中古かも選べるのがすごく便利ですね。

ネットの本屋さんは私の生活を豊かにしてくれる存在だと思います。


角川書店のチャンネル

・本に関する参考サイトの紹介・
ジュンク堂
紀伊國屋書店
Honya Club