読書で必要なのは文章を読解する力

読解力をつけるためにたくさん本を読んだ。
その本たちは、この間すべて吹田の業者に古本買取を依頼してすべて処分した。

読書をするときには、文章を読解する力が何よりも重要だと言えます。
もしも、作者が会心の表現だと感じて書いた文章でも、その文章を読者が正しく理解することができなければ、文章の魅力も半減してしまうでしょう。

同じように、そもそも言葉の意味や熟語の意味をしっかりと理解できなければ、読書を楽しむことはできないのです。
往々として、作家というのはあまり常用語ではない言葉を用いてオリジナリティーあふれる文章を書きますから、その文章について理解ができないと「これはどういう意味なんだろう?」と戸惑ってしまってわからないまま読書を終えてしまいます。

ですから、読書を楽しむためには、スラスラと読めるように漢字を多く知っておいたほうが良いですし、熟語やことわざや慣用句を多く知っていればいるほど、作者が伝えたいことを100%近く受け取ることができるのです。

たとえば、とある本に「機運」という熟語がつかわれていたとしましょう。
機運とは、わかりやすく言えばタイミングのことですが、その意味がはっきりとわかっていなければ、文章を正しく理解できない可能性があります。

このように、漢字や熟語などを正しく理解することは、読書において基本中の基本です。
そして、それらの国語力というのは、一朝一夕で身につくものではなく、子どものころから長い年月をかけて培われていくものです。ですから、子どものころから本を読んで言葉を知り、国語力を高めていくということは、すなわち読書が滞りなくできるような能力を身につけるということに他ならないのです。

今の若者には読書習慣がなくなってきていてどんどん読書から遠ざかっていると聞きますが、それは子どものころから読書に慣れ親しんでいないからではないでしょうか?
ですから、国語の教育というのをもう1度しっかりと見直し、きちんとした読書力を身につけて欲しいです。
読書習慣が身につけば人生のプラスになりますし、それはとても大事なことです。

昔からの欲しかった念願の書斎と古本屋

私は小さい頃から本が大好きで、結婚したときにも新居に大量の本を持ち込みました。
ですが、それでも新居にも入りきらず結局実家に本を置いていってしまいました。

新居でも本は増えましたが、古本屋に売ったり、厳選したものを残してなるべく増やさないようにする辛い日々が続きました。
私は本を読む事も好きですが、コレクションすることも好きなので、本を増やせない生活は本当に辛かったです。

その辛い日々も終わり、子供が産まれた事で引っ越しをすることになりました。
念願の書斎が持てると思い、実家の本を引き取る事にしました。主人の実家にも本があったので、両家をあわせるとあっという間に書斎は一杯になってしまったので、またその中から本を厳選して、選びに選び抜いた本を置きました。

書斎が出来た時に本棚をかなり増やしもしましたが、二人分の本の量が多すぎたのか、すぐにいっぱいになってしまった時は悲しかったです。
入りきらない本を結局段ボールに入れる事になってしまい、今度はその本をどうにかする事に頭を悩ませています。

古本屋に直接いってしまうと、せっかく少なくした本を増やしてしまうので、本は家に直接買いとりにきてもらいまいた。
お金目当てで売っている訳ではないので、減らす為に売っているので、本が減って本当によかったです。

我が家の子供も本が好きなので、これから本はまだまだ増えていくと思いますが、その都度古本屋さんにはお世話になりそうです。

もちろんお世話になるだけではなく、絶版になってしまった本を探しに古本屋さんにもよく行っています。
私は本の内容だけではなく装丁も好きで集めているものが多いので、新しい装丁で出た時に新装版にを買ったり、古いものを買い直したりします。

その都度本屋さんと、古本屋さんを行ったり来たりするので、どちらも私にはなくてはならない存在です。インターネットでも買い物をしたりしますが、本屋さんで買う事が私は好きなので、微々たる力ですが少しでも貢献したいと思いこれからも本を買い続けます。
1
・本に関する参考サイトの紹介・
大阪府内・大阪市の古本買取

良い本を古本で探して購入する楽しさ

読書人口が少なくなっているというニュースをよく耳にします。

ブックオフに代表されるような大型古書店に行くと、古本を血眼になって真剣な表情で探している老若男女を目にすることが多々あります。
いかに電子書籍が急速に普及しようとも「やっぱり紙は本で読みたい」、また「良書が安く売られているかも」という淡い期待を込め、古本屋めぐりをする読書家はどの年代にもたくさんいます。

私もその1人で、休日にはよく古本屋をめぐり、何か安い本がないか探し回っています。

・本に関する参考サイトの紹介・
大阪でしている古本屋のダイワブックサービス

当たり前のことですが、新刊、もしくは新刊で発売された価格の半額くらいの値段ならば、ほぼ苦労するなく入手することができます。
新刊は普通に書店やネットショップでも買えますし、現代ほど買取事情が整備された状況であれば、定価の半額になった古本は、発売から数ヶ月もしない内に古本屋へと並べられます。

古本屋に買いに行く方が多いのですが、ある程度冊数が溜まると買取してもらうために、古本を見に行くついでに持ち込みすることもあります。
買取してもらったお金で、古本を買ってそれを買取してもらうことがサイクルになっています。

ワゴンセールされているような100円台の本となると、発売されてからすぐの本は古本屋に並びません。
並ぶのは、だいぶ前に大ヒットして大量生産された本が中心になりますから、そのころにはすでに自分の「読みたい」という欲求がなくなっていることがあります。
ただ、本というのは本当に何年経っても内容は色褪せないという特徴があります。

たとえば、私の好きな赤川次郎さんの作品である「三姉妹探偵団」は、文庫が発売されたのが1980年代、つまりの私が生まれた世代の本ですが、2014年に読んでも十分楽しめる内容の本になっています。ですから、たとえブームを過ぎた古本でも、ブームを過ぎたからといっておもしろくなくなるわけでは決してないのです。

ですから、本というのは新刊で買えればそれに越したことはありませんが、古本で安く買うというのも、また買い方や読書の方法の1つとして、とても楽しめるものです。

ですので、これからも古本屋をめぐって1冊でも多くの良書を手にし、読破していきたいと私は思っています。

古本の中のさまざまな物語

・本に関する参考サイトの紹介・
枚方で出張をメインに古本買取

今まで本をかなり読んできたために、家の中は本だらけになっています。

しかし自分の「読書好き」は止められず、図書館へ行って何時間も本棚の間を歩き回っているのを幸せに感じたり、読みたい新刊書を予約したりしています。

最近の1番のお気に入り作品は映画にもなった「永遠の0」がお気に入りで何度も読み返しました。

それでもやっぱり自分の気に入った本は自分のそばに置いておき、「読みたい」と思う時にすぐに手が伸ばせるというのが理想の生活。
そのために今まで以上に古本屋へ行く機会が増えました。多く蔵書をしているのですが、お気に召さなかった本などは本を探すついでに買取をしてもらっています。

中には最近出たばかりの本が並んでいたり、学生時代に読んだけれど、数年前から行方不明になってしまった本に再会できたりして、思わず手にとって当時を思い出したりしています。

そんな風に読書の楽しみもあるのですが、最近本を買った時に読書以外の楽しみがある事を見つけました。

ある日古本屋で買てきた本の中に一枚の手紙が入っていました。それには短く
「○○様、今年もどうかよろしくお願いします △△」
と書かれていました。

この二人の間には、この本を間に挟んでどんな物語があったのだろう。
友達? 職場の同僚? 職場の先輩後輩? それとも恋心を寄せている人?・・・たった一行のメモ書きのような手紙でしたが、自分の買った本の中からまた別の物語が出てきたようで、なんだか宝物を見つけたような気分になりました。

そんなことを考えながら本を買っていると、案外本の間からは色々なものが出てくるものです。自分の顔をイラストで描いたカラフルな名刺が出てきたこともありました。
いきなり電話をかけてみたら、案外本の話題で盛り上がり友達の輪が広がるかも・・などと出来もしないような想像をして楽しんでいます。

ほかにもどこか遠い街の本屋のレシートや、昔懐かしい文庫についていた模様のしおりなど・・・。
見つけたものは自分の机のビニールシートの下に入れて、博物館の展示室のようにいつも眺められるようにしています。

本という物語の中から別の物語が出てきてそれがどんどん広がっていく・・・。宝探しをするような気持ちで今日も古本屋の棚を眺めています。

読むチカラ鍛える方法

みんな本を読まなくなった、という話はよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょう。


・本に関する参考サイトの紹介・
読書術:本の賢い読み方・選び方

ベストセラーが話題になれば、「読んだ」「買った」という声があがります。
本屋さんに行けば、立ち読みをする人も多いけど、レジに並ぶ人もいます。
もしかすると、読まない人はまったく読まない代わりに、読む人は一人で何冊も読むという事なのかもしれません。

ほとんど本を読まないという人は、ちょっとした文章でも、解釈がうまくできない場合があります。
なんというか、文章の意味が読み取れない、という感じ。
これにぴったりな表現があって、「文字は読めるけど、文が読めない」というものです。

そうです。
ただ文字を読むのと、文意をくみ取るというのは、まったく別の次元の話です。
そこになにが書いてあるのか、内容をかみ砕いて、飲みこんで、ようやく中身が理解できるのです。
物語を読むということには、なにが書いてあるか、と、どう書いてあるか、ふたつの意味があります。
どちらも読めないと、楽しみは半減します。
おそらく、本がきらい、という人はこの「読む」というのが苦手なのかも知れません。

ところで、本には物語以外にも、マニュアルとかハウツーなどと呼ばれるものがあります。
こちらは、先ほどの読み方とは、また違って、何が書いてあるか、がとても重要。
表現よりも、内容が全てだからです。
とはいっても、なんでもいいというわけではなく、読みやすい方がいいとは思いますが。
読みやすく、わかりやすいというのが、マニュアル本の基本ですね。

漫画についても、読む能力が求められている気がします。
それも、高い能力。

物語を読む能力は当然ですが、同時に絵に対する読み込み、そこに描かれていない部分についての、じぶんなりの解釈など。
描く側がそれを意図したかどうかはわかりませんが、人気があるものほど、読む側の解釈に委ねる部分が多いような気がします。

まさに、作者と読者で作り上げる世界といえます。

古本の楽しみは読む以外で・・・

古本を嫌う人も大勢居ますが、私は嫌いではありません。

確かに古本は、誰かが読み終わって、「不要」と言う事で売り払われた物が多いです。
ページの端が折ってあったり、マーカーでラインが引かれていたりします。
これらは、キレイな状態とは言えませんが・・・これが古本の「味」だと思えば、さほど気にはなりません。

特に、資格関係の参考書読んでいると、前の持ち主が熱心に読んだのか、いろいろな書き込みを目にします。
とんでもないところにマーカーが引いてあって、さらにペンで「重要」と書いてあるのを見た時は、試験受かったのかなと、他人ごとながら気になります。

この様に、前の持ち主の「生活」や「性格」の一旦が垣間見えるというのが、古本の面白いところです。

この他、しおりの代わりなのか、いろいろな物がページの間に挟まっています。
例えば、ビジネスホテルのレシート。
仕事熱心な会社員が、出張先に持って行って本を読んだのでしょう。

でも、レシートの明細を見ると、ビールとか飲んでたりして、本当に仕事熱心なのか、ちょっと不安になったり。

普通の紙製の栞も、全国の書店の物や、いろいろな出版社の物があって、なかなか面白いものです。
内容も、ちょっと前の映画(文庫が原作)の広告だったりすると、当時を思い出して、ふと懐かしい気分になったりします。

一度、「四つ葉のクローバー」が挟まっているのを見つけた時は、ラッキーな気分になりました。
まぁ、あまり栞に向く物ではないので、挟んでそのまま忘れてしまったのかも知れません。
持ち主は、幸運を逃しやすいタイプと見ました。

困るのはハガキや写真など、プライベートな内容の物が挟まっている場合です。
これは、自分にはどうする事もできません。
ただ、「大事な物で無いといいなぁ」などと思うくらいです。

この他、洋書を古本屋で買うと、外国の新聞の切り抜きや、スーパーか何かのクーポン券が挟まっている事があります。
恐らく、私がその国や、その店に行くことは無いのだと思いますが、なんとなく地図で調べてみてしまったり・・・。

古本と言うのも、なかなか面白いものだと私は思います。

・本に関する参考サイトの紹介・
オススメの洋書で英語力アップ

ページをめくるワクワクとドキドキが読書の醍醐味

読書好きの私としては、読みたいと思った本はすぐに買ってしまいます。

そのため現在の蔵書はおよそ1000冊で、狭いアパートの部屋が増々狭くなっています。
読み終えたものから売るなり捨てるなりすればいいのでしょうが、
一度読んでしまうと愛着が湧いてしまって、手元に置いておきたくなるのです。

それに、本を読むこと自体が私の歴史の1ページになっているので、
それぞれの本の中に様々は思い出や感情が溢れていて、いつまでも大事にとっておきたくなってしまいます。
新刊だけではなく、古書を買い求めることも多々ありますが、その場合、衝動買いが多いような気がします。

古書街などをぶらぶらしていて、タイトルや表紙に惹かれると、知らない作者の本でもついつい欲しくなるからです。
本の厚みにもよりますが、1冊の本は大体1~3日ほどで読み終えます。
ものすごく面白いと思ったものは人に勧めますが、好みもあるので、余り強くは言いません。

その代わり、みんな私が読書好きで本の知識は割とあると知っているので、色々質問してきますから、
それには丁寧に答えるようにしています。
ただ、自分が好きな本の感想などを求められると、大興奮しながら話をしてしまうので、つい話が長くなってしまいます。
最近では携帯電話で小説を読む人などもいますが、私は絶対に紙じゃないとダメなタイプです。

本は前のページをすぐに読み返すことができますし、自分で読んだ目安がわかるので、
どれくらい夢中になっているかのバロメーターになります。
そして何よりページをめくるという作業がとても大好きです。
ページをめくるたび、次のページには何があるのか、どんな世界が待ち受けているのか、
そのワクワク感やドキドキした気持ちは「めくる」という感触と一体になっています。

また、買ったばかりの本のにおいもたまりません。
文字からにおいが出てくるというか、このページを見るのは私が最初なんだと思うだけで、幸せな気持ちになってきます。
本というものは物語を運んでくれるだけではなく、その物質がもたらす様々は現象までも私の中の時の一部として刻まれます。

だからこそ本は手放せません。これからも本をたくさん買って、ページをめくっていきたいです。

・本に関する参考サイトの紹介・
国立図書館
ブック・キープ・サービス

小学生時の本の記憶

私が本の面白さに目覚めたのは小学校の図書室でした。

2a9845f1b676724d045e2c51602a4e3f_s

 

 

 

 

大人になった今見ると、きっと小さな図書室だったと思いますが、小学生だった私にはとても広くて絵本から本格的な小説まで、あらゆるジャンルの世界があふれる夢の国でした。

中でもポプラ社から刊行されていた江戸川乱歩の少年探偵シリーズにはまって、胸をわくわくさせながら読んでいたのを覚えています。

今ではポプラ社のこのシリーズは絶版になってしまい他社から刊行されていますが、私としてはあの挿絵も含めて思い入れがあったので、ポプラ社以外のものは認められない、と思っていました。
あんなに好きだったのだから、当時親にねだってでも買い揃えておけばよかった…と悔やんだものです。
そんな時、ふらりと立ち寄った古本市でそのポプラ社の少年探偵シリーズに再会したのです!

・本に関する参考サイトの紹介・
ポプラ社のサイト

比較的程度も良い美本が何冊か固まって売りに出ていました。
このシリーズは全部で44巻。当然一度に出てくるものではないけれど、ある程度固まって出ているから、あとは気長に集めていけば…、そう思い、そこにあるだけのシリーズ本を大人買いしました。
子供の頃大好きだった本、絶版になってしまってもう手に取ることもないと思っていた本が思いがけず手に入りました。

それからは古本市や古本屋を覗いて足りない巻を探し歩いたり、ネットオークションに出ているものを探したり、どうにかこうにか全巻揃えることが出来ました。なんとも言えない達成感でした。
図書室から何度も貸りて読んだ本。ページをめくると当時のことすらよみがえってきます。

中学、高校も当然のことながら図書室はありましたが、小学校の図書室のようにわくわくするような本との出会いは少なかった気がします。
やはり私の中では小学生の頃に読んだ本が未だに鮮烈な記憶として生きているんだと思います。
残念ながら私の小学生時の本は絶版本が多く、手に入れるにはプレミアがついているものも少なくありません。
それでもネットなどで検索してヒットしたり、古本市で思いがけず手に入れることができた時の喜びは格別です。

私はこれからも小学校の思い出とともに、当時読んだ本を探し続けることでしょう。

忙しい時はちょっとずつ読書する毎日です

忙しい時、自分の時間がなかなか取れない毎日ですが、本はよく読んでいます。
以前は本屋さんもよく行っていたのですが、仕事など忙しいと本屋に行くことがあまりなくなり、ゆっくり本を選ぶことができませんので、もっぱらネット通販で購入するようになりました。
小さい子がいるのですが家に帰っては子育てをするのでまとめて本を読むことは難しく、ちょっとした時間を見つけてはちょこちょこ読むという感じで読書しています。

最近よく読むのはイライラしない方法や投資関連の本です。
子供ができる前はイライラしたり怒ったりということは少なかったと思うのですが、子供が生まれて動き回るようになるとイライラの連続。

怒ってばかりでは親子ともによくないと思い、イライラを沈める方法が書かれた本を色々読んでいます。
読んだだけではなかなか実践は難しいと思う本もありますが、すぐにできて効果的な方法が書かれた本にも出会うことができ、日々実践中です。

投資に関しては初心者で、ネットでも情報を探すのですが色々な情報が散らばっていてよくわかりません。
出版社を通して編集されている本という媒体の方がわかりやすいと感じます。
こちらも心構えから実践的な投資方法まで色々な本が出ていますので、色んな著者の本を読んで勉強する毎日です。

ネットもよくやっていますが、ネットで文字を読んでいるとすごく目の疲れを感じます。
たくさんの文字を読むときは本の方がいいなあと思っています。

本を購入するときは新品ばかりでなく、古本も買って読んでいます。
400円くらいの漫画を買うときは新品を買いますが、1,000円以上する実用書などだとまず中古本の価格を見ます。
ネットで注文するとまずまず綺麗な中古本が送られてくることが多いのですが、タバコを吸わない私はタバコの臭いがついた本にはガッカリ。
読んでいる最中にタバコの臭いがしてくるし、ページをめくる指にもタバコの臭いがついてしまったりします。

子供のころからずっと続けている趣味というのはあまりないのですが、読書は子供の頃から大好きですし、この先もずっと本を読んでいくと思います。