便利なインターネットの本屋さん

みなさんは本ってどこで買ってますか?
私は最近は本屋ではなくネットで買うことが多くなりました。

ネットだと自分が欲しい分野の本を色々比較して探せますしクチコミなどで評判の良いものも探せます。
特に私はデザイン系の書籍やキャッチコピーに関する書籍を仕事で使うのでそういった書籍はネットで評判の良いものかどうか確かめてから探すようにしています。
デザイン系の書籍なんかは1冊3000円くらいするものが多いので失敗すると痛い金額ですし…。

マンガや小説も買いますが自分の欲しいと思っている本がちょっとマイナーだったりすることも多くそういう場合は本屋さんに行っても置いてないんですよね。
そんなときもネットは便利です。

大体Amazonや楽天やポンパレモールで買っていますね。
まずはAmazonで探してみます。
Amazonだと新品と中古の在庫を両方同時に検索できるのが便利ですね。
私は中古があって新品よりも安い場合はたいてい中古で買っています。
中古でも結構きれいな本が多いですよ。
家計には助かりますね。

ただ、中古で買った本のお金はその本の作者さんには入りませんからマイナーな作家さんを応援したいという気持ちがあるときにはなるべく新品で買うようにしています。
私は楽天カードとリクルートカードを持っているので新品で買う場合でポイントが溜まっていて使えそうなときは楽天かポンパレモールで買っています。

この前は楽天のポイントが1000円くらい溜まっていたので楽天で「タオルケットをもう一度」という小説を買いました。
送料無料で届くのも早かったですよ。

この本は人気のフリーゲームを小説化したものなんです。
RPGなのでシナリオがありますからね。
それを元に少し肉付けしていった感じです。

そのゲームはふりーむ!というサイトで
水野輝和さんという作者さんが無料で配布しています。
小説と同じ「タオルケットをもう一度」というタイトルです。

このタオルケットシリーズはすごく面白くて今、3・2・1とプレイしました。
無料でこんなに面白いゲームができるなんてなんだか作者さんに悪いなあ…と思うほどハマってしまいました。

少しでも作者さんを応援したかったので「タオルケットをもう一度」の小説は新品で購入することにしました。
売上次第で続編がでるみたいです。
小説も面白かったので続編期待したいですね。

最近はネットで気軽に注文できて新品か中古かも選べるのがすごく便利ですね。

ネットの本屋さんは私の生活を豊かにしてくれる存在だと思います。


角川書店のチャンネル

・本に関する参考サイトの紹介・
ジュンク堂
紀伊國屋書店
Honya Club

私にとっての本というものについて

幼い頃からずっと親しみつづけている私の趣味が読書です。

購入したり、図書館から借りたり、方法はさまざまですが、今まで本当に多くの本を読んできました。
絵本、ライトノベルから始まり、ミステリ、ファンタジー、などジャンルを問わずそれはもうたくさんの数です。
・本に関する参考サイトの紹介・
筑摩書房のジャンル一覧

それだけ多く本を読んだのなら、さぞ賢くなっているはず…、なのですが、そう上手いことはいかずに、残念ながら平々凡々な生活を送る一市民として生活を送っております。
知識量もきっと、並以上ではないでしょう。
それは、私にとって本を読むということがイコールで知識を得るため、ではないからだろうと思います。
記載されている物事を知り頭へ溜め込んで人生や仕事に生かす、というスタンスでは本を読んでいないからなのでしょう。

ではなんのために本を読んでいるかというと、それは本に書かれている物語や事実を楽しむためです。
つまりは一過性のもの、と言えるのかもしれません。
読んでいるあいだに味わう本の中の喜怒哀楽やドラマに感情を上下させることそ、そのものを楽しんでいるからでしょう。
つまりは本の中へ入り込んでいる、と言い換えることができるのではないでしょうか。
そのままどっぷり浸かりこんでいたらそれはただの現実逃避ですが、その本を読んでいるあいだの高揚を抱えてこそ現実を乗り越えられる、楽しめる、というものでもあるのです。いわばエネルギーのひとつとして、私にとって本はとても重要なものなのです。

本の中には知らなかった真実や出来事、格言などがちりばめられているので、それをただ物語を構成する一要素としてみなすのは、けっこう勿体ないものかとも思いはします。作者、本の作り手側からみても、「それはないよ」と思われてしまうのかもしれません。けれど、こんな本の楽しみ方もできるというのも、それはそれで良いのではないかな、などと自己弁護したりもします。昔はお金がなかったので、図書館や古本屋などに行っていましたが、最近は紀伊国屋やジュンク堂ばかり行っています。この2店舗はおいている本が多いのでお勧めです。

一度きりの人生で、自分の好きなように過ごせる時間は実のところそれほど多くはありません。
その時間を本で費やしているというのは、本のありようとして、幸福なことに違いないでしょうから。

自分の内面と本棚の関係

自宅の小さな本棚の前でいつも悩むのが、どの本を残し、どの本を処分すれば良いのか?ということです。

賃貸暮らしなので全ての収納に限りがあり、それほど興味のない服や靴、食器などは結構数を絞ることができるのですが、趣味の読書となるとちょっと難しいのです。

10代20代30代とそれぞれの年代で夢中になった本は違いました。
10代は、親からもらうお小遣いからお昼代やジュース代を削って買ったマンガや本がいつもそばにありました。
20代は、会社帰りの書店のはしごが習慣でした。毎日行っても毎回新しい発見、新しい本との出会いがあることに驚きました。
もらったお給料で家賃や光熱費を支払ったあとで、好きなだけ本を買える自由が本当にうれしかったです。
そして30代は、結婚と出産、育児で読書の時間が大幅に減った時期でもありました。
小さな子どもを連れてはなかなか以前のように本屋をはしごするのも難しく、ネットの本屋さんにはだいぶ助けられました。実際に手に取れないため、ジャケ買いやレビュー買いで失敗することもありましたが、夜中でも子どもの昼寝中でも好きな時間に注文できるのは、育児中の読書の救世主でした。

書店へ出かける代わりに、子どもと一緒に近所の図書館へ出かけて親子で山盛り本を借りる楽しさも知りました。
いくら借りてもいくら読んでもお金がかからないので、経済的に厳しい中でも読書だけは楽しむことができました。
10代から30代に集めたマンガや小説の本棚も、置き場所がなくて手放したり、誰からに貸したまま戻らなかったり、飽きて処分したりと、人生と共に大きく変化しました。

限られた収納のため、その時一番好きな本だけを残すことにして現在に至ります。
本棚を見れば、その時の自分の人生ベストがわかります。
自分の内面と同じで、少しずつ変化していくこの本棚がこれからどうなっていくのか楽しみでもあります。

でも、できればもっと大きな本棚を置ける家に住んでみたいものだと思います。

・本に関する参考サイトの紹介・
本棚.com
日本図書館協会

本を読みふける私

私は小さいころから、本を読むことが大好きです。
父親が古本屋をしていたこともあり家の中にも古本が多くありました。

今では難しい本も少しは読めるようになりましたし、図書館に毎週通うまでになりました。自主的に本を読むようになったのです。

一時期、父親に対する反抗心から古本から離れている時期があったのですが、突然本を読みたくなり、今のようになりました。
昔はもちろん児童書も読んでいましたが、それと同時に、赤毛のアンやシャーロックホームズを夢中になって読んでいました。偉人の伝記を読んでいた記憶もあります。

・本に関する参考サイトの紹介・
シャーロックホームズの情報
赤毛のアンの情報

とにかく、活字が大好きな子供で、休み時間でもずっと本を読んでいた気がします。
本を読まなくなったのは、勉強が忙しくなったからかもしれません。それでも、周りの友人よりは読んでいたと思います。

ただ、特に中学時代ですが、何を読んでいたのかと聞かれたら、ほとんど覚えていません。
それほど、読書に時間を費やせていなかったのかもしれません。

今となっては、もったいないことをしたと思っています。
ですが、中学のときに必死に勉強をして高校に入って、そこでかけがえのない友人との出会いをたくさんしたので、後悔はしていません。

ただ、もう少し時間をうまく使えていたら、とは思ってしまいます。そういえば、高校の図書館にはほとんど行きませんでした。
自分の読みたい本がほとんど無かったのです。小説が極端に少なかった記憶があります。
だからか、地元の図書館ばかり行っていました。

その頃くらいから、ミステリーばかり読んでいた気がします。最近のシリーズもの、昔の短編集、オカルトチックなものまで、夢中になって読みました。
それと同時に挑戦していたのが源氏物語なのですが、いつまでたっても読破出来ません。
光源氏の女癖の悪さに呆れてしまい、読み続ける気力が薄れてしまうのです。

ですが、途中で断念するというのも悔しいので、いつか再開して、最後まで読もうと思っています。

2097cc7da234c525983e38905192d9e3_s

アガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』を本の感想

アガサ・クリスティーの「春にして君を離れ」について感想です。

主人公が、出産のため体調を崩した娘を見舞いにバクダッドまで行き、イギリスまで帰るまでの間のお話です。

彼女は年の割には若々しく、魅力的で社交的で、ある意味完璧な女性です。。。と自分でも思っているところが、鼻持ちならないくらい嫌な感じがします(でも悪い人ではありません)。
その彼女が帰りの列車の中で、学生時代の旧友と再会するところから物語は始まります。
身なりもだらしくなく、品性のかけらもなく落ちぶれた友人を、彼女はひそかに軽蔑します。
でもその友人との会話の中の何気ないひと言が、これからの彼女の旅を苦しめることになります。

友人と別れたあと、彼女は今回の旅の目的と結果について考えます。
自分のおかげで娘の具合もよくなったし、きっと感謝してるに違いない、やっぱり私がいなければ家族は駄目なのだわと満足したりします。
でも不幸なことに、彼女の乗った列車は砂漠の真ん中で故障のため立ち往生してしまいます。
何もない砂漠で、読む本もない。話す人もいない。そこで彼女は自分自身と向き合う時間を、神さまから押し付けられるわけです。旧友が言ったあのひと言がきっかけで。

今まで自分がよかれと思ってしてきたことは、実は間違いではなかったのか。
ふとした日常の些細な出来事の中に、実は重要な何かが隠されていて、自分はそれを見過ごしてきたのではないか。
夫は、娘たちは、私のことを本当に必要として、頼ってくれていたのだろうか。
愛していてくれているのだろうか。

1人の時間がたくさんあるときに一番怖いのが、訳もなく昔のことを思い出すときで、それは気がつかずにいればよかった真実にたどり着いてしまうことがあるからだろう。

さて、彼女は無事イギリスへ帰ることが出来たわけだけど、その後どうなったのでしょう。家のドアが近づくにつれて、ある決断を迫られている彼女は、いったい最終的にはどちらを選んだのでしょう。

ラストの彼女の夫の言葉が衝撃的だった。
これから一番近くで、一番長く過ごす人にそんな風に思われるなんて、私だったら恥ずかしくて情けなくて、どうしようもないやりきれない気持ちになると思う。

・本に関する参考サイトの紹介・
早川清文学振興財団のアガサ・クリスティー賞

内田樹著『先生はえらい』を読んだ感想

ここのところ内田樹さんの本を続けて読んでいます。

この本は題名がおもしろいです。

「ひとりでは生きていけないのも芸のうち」「下流志向」など、内田さんの本は題名に惹かれるものが多いように思います。

先生はたとえ何一つ教えてくれなくても生徒が「えらい」と思えば学びの道は開かれます。いまの学生たちは尊敬できる先生に出会えていないのは不幸です。モデルになる先生に出会えたら幸せです。
出会いは偶然ではなく、運命的必然です。

誰も知らないこの先生の素晴らしいところを「私だけが知っている」という感じは恋愛に似ています。

学ぶというのは知識や技術を教えてもらうことではありません。
自動車の運転免許を取得する学校の先生のことを年月が経っても覚えているでしょうか。

「自分が思っていること」は話す相手によって変化します。
私たちは相手に対して話します。相手に応じて話す内容も変化します。

ルネッサンスの頃に、大航海時代というのがありました。
ヨーロッパの人たちは海図もろくにない時代に新大陸や「黄金の国」を目指して交易圏を広げていきます。
金銀や奴隷や特産品を得るために探検航海を推進したという市場経済的な説明がされますが、内田さんは疑義を投げかけます。
これは「交換への欲望」だったといいます。

コミュニケーションでは、「もっと話を聞かせて、あなたのことが知りたいから」と言われるとうれしいです。相手に気遣われていると生きた心地がします。
無視されていると生命が弱々しくなります。
「シカト」が残酷なのはその人を存在しない人間のように扱うからです。
「おまえはもう死んでいる」というのは、「殺してやる」よりも残酷です。

わたしたちが敬意を抱くのは謎の先生です。
夏目漱石の「こころ」の先生と「三四郎」の「偉大なる暗闇」というような、なんだかよくわからない先生、満たされなさにとりつかれた先生が例として挙げられています。

先生の本当の「えらさ」や教育の達成度というのは数字で査定できるものではないということを知って、業績評価は行われるべきでしょう。

娘を見習ってもっと本に親しまなければ・・・

皆さんは本が好きですか?どのくらい本を読んでいますか?

私はお恥ずかしいことにあまり本を読んでいません。
決して本が嫌いなわけではないし、たまに本屋さんで本を買うくせに、なかなか最後まで読まないで中途半端になってしまっている本が多いのです。

また、子供によく指摘されるのですが、私が買う本と言えば小説などではなく、ハウツー本自己啓発本がほとんどです。
簡単に~を手に入れるみたいなお得感のある内容に惹かれて買ってしまうことが多いのですが、最後までは読まないことが多く、そのままになってしまっているものが多いので反省しています。

・本に関する参考サイトの紹介・
自己啓発本ランキング

私には娘が二人いるのですが、娘たちは二人共本が好きでよく読んでいます。
特に高校生の長女の方は、小学生の頃から本が好きでよく読んでいました。中学生になると更に本好きになったみたいで、私が見るといつも本を読んでいるくらい、よく本を読んでいました。
多い時は一ヶ月に30冊以上読んでいましたし、本が好きなので苦痛にも感じず、本の世界に入ってしまっているくらい好きな内容のものは特に集中して読んでいました。
私はそんな娘の姿をいつも見ていて、自分の娘ながら尊敬しています。特に歴史物やファンタジー物が好きみたいで、気に入ったものは特に夢中になって読んでいます。
私が今までの人生で読んだ本のいったい何倍、いや何十倍の本を読んだことでしょう!?もしかしたらそれ以上かもしれないくらい、本当にたくさんの本を読んでいます。

娘は中学生の頃、あるコンテストで2年連続表彰されたのですが、それはやはり日頃の読書によって培われた文章力なども影響していると感じました。
自分の考えや意見を述べたのですが、それを書く時も一切私に聞くこともなく、本当に一人で仕上げていましたので、読書で得た力はとても大きいと思います。

本を読むことは知識が増えるばかりではなく、意味を理解したり、気持ちを読み取ったり、文章力を養ったりと本当に大切なことだと感じています。

私も少しは娘を見習って、もっといろいろな本を楽しんで読むようにしたいです。

私にとって本とはなくてはならないもの

私は昔から本を読むことが大好きで、小説から漫画までいろいろなジャンルのものを読んでいます。

それも毎日わずかにでも暇があれば本を読むので、一ヶ月に数冊から多いときでは十数冊も本を購入することになります。
するとあっという間に自宅の本棚には本が納まりきらなくなってきます。

そこで昔はある程度増えてきたらまとめて処分していたのですが、最近では例えわずかな額にでもなれば良いと、古本屋に持ち込んで買取査定を利用しています。
古本屋の買取というとよほど珍しい本かそれともかなりの量の本を持ち込まなければまとまった額にはならないのですが、ただ捨ててしまうよりはマシだろうと思っています。
ただせっかく古本屋に持ち込んでもそこで査定を待っている間、古本屋の店内をウロウロとしているとまた新たに読みたいと思う本を見つけてしまいます。
購入することも多いため、結局本はあまり減らずにまた本棚に増えてしまうといったことになります。

また私は読み終わった本全てを買い取りに持ち込むのではなく、何度も読み返したいと思う本だけはずっと売らずに取ってあります。
ですが気に入った本というのがけっこう多く、よほど面白くない内容の本でなければ手放すことができないため、日に日に自宅には本が増えています。
このままではそのうち本棚におさまりきらないどころか、本だけで自宅の棚を全て占領してしまうのではないかといった勢いです。

とはいえ読書だけは止められないので、本が増えていくのも仕方がないかなと最近では思っています。
本が増えていくということは、それだけ面白い本にたくさん出会えたということになり、本好きな私としてはある意味幸せな事です。

そしてそういった自分の気に入った本を、一度読み終えるとまた数ヵ月後、数年後に読み返し新しい発見をしたり、より感動を覚えたりとするのです。

感動した本は人にも伝えたいので、古本を買取してもらっている最中に探したりもしています。

そういったことで私にとって本とは、毎日の楽しみであるとともになくてはならない存在となっています。

今まで読んできた本と私

今までたくさんの本を読んできました。ジャンルもさまざまです。最初は学生の頃などは、物語や小説を楽しんで読んでいました。

たくさんの作家さんの本を読んでみたくって、新聞の広告欄に、面白そうな本はないかなぁとチェックしては、メモをしたりしていました。

私が選ぶ本は、だいたいが笑えるものや楽しいものが多い気がします。重いテーマのものはなんとなく避けてしまいます。でもミステリーは好きだったりします。奇想天外なSFチックなものも大好きです。そういうものって、私の頭のなかでは考えつかない想像の世界なので、完全に没頭できるので、すごくストレス発散になります。

私は没頭してしまうと一気に読みたくなって、夜中まで読んで、気が付いたら朝になっていた。ということもよくあります。結末を知りたくて、寝る間も惜しんで読んでしまうのが悪い癖なのですが、でも、淡々としたお話よりも、一気に読んでしまいたくなるくらいのスピード感がある作品が好きです。その後は完全に寝不足で、読み終えた途端、眠気と戦うことになるのですが…。

あとは悩み事があったり、落ち込んだりすると、自己啓発系の本を読みたくなってしまいます。自分になんとなく自信がなくなってしまうときがあるのですが、そんなときも本に救われたことが何度もあります。本の中の励ましの言葉を拾ってはメモに残します。そのメモはけっこうたまって、自分が元気になるためのノートみたいな感じになっています。

健康が気になったら健康の本、美容が気になったら美容の本。なんでも知りたいことがあれば本を探して読む、という習慣ができているように思います。

自分の部屋の本棚をみると、あの頃はこんな事考えていたなぁとか、あんな事があったなぁとか、並んでいる本を見て自分の歴史を感じることもあります。

そして悩んでいる時に買った本を見て、「もういらないかなぁ」と思う時があります。たぶんその頃より成長したのだと思います。「同じ悩みが来ても私はもう大丈夫」と、同じ問題が起きてもクリアできる自信が付いたのだと思います。その時は、もうその本とはお別れします。

本を選ぶとき、本はその時その時の自分を映す鏡のようだと思ったりします。今、本がたくさんある時代で良かったと思います。これから私はどんな本に興味を示すのか謎です。またこれからも新聞の広告欄をチェックする日々が続くのだと思います。