読書で必要なのは文章を読解する力

読解力をつけるためにたくさん本を読んだ。
その本たちは、この間すべて吹田の業者に古本買取を依頼してすべて処分した。

読書をするときには、文章を読解する力が何よりも重要だと言えます。
もしも、作者が会心の表現だと感じて書いた文章でも、その文章を読者が正しく理解することができなければ、文章の魅力も半減してしまうでしょう。

同じように、そもそも言葉の意味や熟語の意味をしっかりと理解できなければ、読書を楽しむことはできないのです。
往々として、作家というのはあまり常用語ではない言葉を用いてオリジナリティーあふれる文章を書きますから、その文章について理解ができないと「これはどういう意味なんだろう?」と戸惑ってしまってわからないまま読書を終えてしまいます。

ですから、読書を楽しむためには、スラスラと読めるように漢字を多く知っておいたほうが良いですし、熟語やことわざや慣用句を多く知っていればいるほど、作者が伝えたいことを100%近く受け取ることができるのです。

たとえば、とある本に「機運」という熟語がつかわれていたとしましょう。
機運とは、わかりやすく言えばタイミングのことですが、その意味がはっきりとわかっていなければ、文章を正しく理解できない可能性があります。

このように、漢字や熟語などを正しく理解することは、読書において基本中の基本です。
そして、それらの国語力というのは、一朝一夕で身につくものではなく、子どものころから長い年月をかけて培われていくものです。ですから、子どものころから本を読んで言葉を知り、国語力を高めていくということは、すなわち読書が滞りなくできるような能力を身につけるということに他ならないのです。

今の若者には読書習慣がなくなってきていてどんどん読書から遠ざかっていると聞きますが、それは子どものころから読書に慣れ親しんでいないからではないでしょうか?
ですから、国語の教育というのをもう1度しっかりと見直し、きちんとした読書力を身につけて欲しいです。
読書習慣が身につけば人生のプラスになりますし、それはとても大事なことです。

昔からの欲しかった念願の書斎と古本屋

私は小さい頃から本が大好きで、結婚したときにも新居に大量の本を持ち込みました。
ですが、それでも新居にも入りきらず結局実家に本を置いていってしまいました。

新居でも本は増えましたが、古本屋に売ったり、厳選したものを残してなるべく増やさないようにする辛い日々が続きました。
私は本を読む事も好きですが、コレクションすることも好きなので、本を増やせない生活は本当に辛かったです。

その辛い日々も終わり、子供が産まれた事で引っ越しをすることになりました。
念願の書斎が持てると思い、実家の本を引き取る事にしました。主人の実家にも本があったので、両家をあわせるとあっという間に書斎は一杯になってしまったので、またその中から本を厳選して、選びに選び抜いた本を置きました。

書斎が出来た時に本棚をかなり増やしもしましたが、二人分の本の量が多すぎたのか、すぐにいっぱいになってしまった時は悲しかったです。
入りきらない本を結局段ボールに入れる事になってしまい、今度はその本をどうにかする事に頭を悩ませています。

古本屋に直接いってしまうと、せっかく少なくした本を増やしてしまうので、本は家に直接買いとりにきてもらいまいた。
お金目当てで売っている訳ではないので、減らす為に売っているので、本が減って本当によかったです。

我が家の子供も本が好きなので、これから本はまだまだ増えていくと思いますが、その都度古本屋さんにはお世話になりそうです。

もちろんお世話になるだけではなく、絶版になってしまった本を探しに古本屋さんにもよく行っています。
私は本の内容だけではなく装丁も好きで集めているものが多いので、新しい装丁で出た時に新装版にを買ったり、古いものを買い直したりします。

その都度本屋さんと、古本屋さんを行ったり来たりするので、どちらも私にはなくてはならない存在です。インターネットでも買い物をしたりしますが、本屋さんで買う事が私は好きなので、微々たる力ですが少しでも貢献したいと思いこれからも本を買い続けます。
1
・本に関する参考サイトの紹介・
大阪府内・大阪市の古本買取

買取専門より、店舗売買のあるリサイクルショップはおもしろい

今までは本の事に書いていましたが古本を探しているとリサイクルショップにも置いてあったので、今回はリサイクルについて書きます。

出張買取は、その人がそこに確かに居ると言うことが分かるから、買い取る方としては安心なんだと業者さんが言ったことがあります。

a7e82d2c84a5db5849c6f6c0c02ff5c4_s

 

 

 

 

 

確かに、そうなのでしょう。
しかし、売る方としては、店舗があって、商品も売られていて、傾向がわかる方が楽しかったりします。
友人は、それこそバリバリで、雑貨店で働きながら古本もCDもリサイクルショップで購入、そのついでに自分のところで売っているものが、リサイクルショップではいくらの値段がついているのか確認するのだそうです。

私は、お中元、お歳暮の時期クリスマスの時期など軽く進物にできるものを探しに行くついでに、購入のたしにするために物を持って行って買いとってもらいます。
リサイクルショップはできるだけ、色々な分野の物がおいてある方が楽しめます。
日用品雑貨、楽器、洋服、進物、おもちゃ、古本、音楽関係、さらにブランド物、貴金属など、色々な物がある方が買い取の査定の間に楽しめますし、勉強にもなります。

私は実際自分が使わない楽器を持って行き、買いとってもらったお金で、恩師への服飾雑貨のセット物を購入して送ったりしていました。
ブランド品は、多少は流行が外れていても、そのままの値段では到底かえないものが、リサイクルショップではかえますから、利用する人は多いです。
私も実際、リサイクルショップで購入したブランドのバッグを買いとってもらい、別のブランド品を購入する時に、店員さんに、ちょっとあのバッグがほしいから、高く買い取ってもらえないかしらと言ったことがあります。

実際買いかえの場合は言ってください、というリサイクルショップもあります。
リサイクルショップの店員さんと仲良くなると、査定する際の貴金属の刻印の意味まで教えてもらえたりします。
そうしてリサイクルショップをはしごして行くうちに、次第に専門家さんのような知識が身についてしまうものです。


・本に関する参考サイトの紹介・
大阪で古本買取はダイワブックサービス

リサイクルショップは単に買いとってもらうところにしないために、アンテナをはっておく必要があります。

リサイクルショップには変わった本も置いてあるので行くと面白いです。

本を売ると不思議な出来事

いらなくなった古本を売った経験、あなたにはあるでしょうか?
629d10487a8fcbbac287960193d8ae8d_s

・本に関する参考サイトの紹介・
北摂で古本買取サービス

本を読む人であればたくさんの人が利用したことがあるサービスだと思います。
たいした金額にならないことがわかっていても、置き場所がなかったり、もう読むことがないとわかっていたりしたら売りますよね。
さて、そんなとき、あなたは少しでも高く売るためにどのような努力をしますか?私がよくやる方法と、その中で私が体験した古本買取サービスの不思議を紹介します。

私はとてもたくさんの本を読みます。
すべてが新品なわけではないですが、一ヶ月に20冊ほど読み、その中の3割ほどは新品で買います。
それだけ買うと、書斎でも持っていない限り本の置き場がなくなってしまうので、どんどん古本買取サービスへ回します。
一度に持ち込む量は30~50冊ほどでしょうか。
それだけの量をコンスタントに売るので、できる限り高く売れるように努力をしてしまいます。

時間の無駄と指摘されればその通りなのですが・・・。
その際、少しでも高く売るために、購入した本をできるだけきれいな状態で取り扱うのはもちろん当然のことですね。
なので、本の状態はどうのこうの言うことはせず、本は極力良い状態であるものとし、そこは割愛しましょう。

それから、売る本が人気本であるかどうかという店も排除しましょう。
なぜなら、人気本ばかり読むのは本末転倒だからです。
本の状態および本の人気度という価格決定要素を排除した場合、あと残るのは、どこのサービスを利用するか、価格交渉をするかどうかだけになります。
そして、価格交渉は誰にでもできるものではありませんし、古本買取の世界ではほとんで通用しません。(価格自体そんな高いものではないので恥ずかしいですしね・・・)

さて、あとはどこの古本買取サービスを利用するかです。
幸い私は近くに古本買取サービスを行っているところが三箇所あるので、試しにすべてで試してみました。
驚くことに、一箇所では買い取ってもらうことすらできませんでした。
そして他二箇所は同じような金額でした。A→B→C→Aという順番で試したため、Aには二回持っていくことになりました。
驚くことに、買取金額が二回目は二倍以上になりました。査定した店員が違うだけでここまで変わります。

古本買取サービスの価格決定は、とても不思議なもので、誰がやっても同じくらいの金額になるわけではなく、店員によって価格決定の基準が全く異なります。
これが不思議なところです神保町などの古本街などいろんなところに持っていくと良いと思います。

良い本を古本で探して購入する楽しさ

読書人口が少なくなっているというニュースをよく耳にします。

ブックオフに代表されるような大型古書店に行くと、古本を血眼になって真剣な表情で探している老若男女を目にすることが多々あります。
いかに電子書籍が急速に普及しようとも「やっぱり紙は本で読みたい」、また「良書が安く売られているかも」という淡い期待を込め、古本屋めぐりをする読書家はどの年代にもたくさんいます。

私もその1人で、休日にはよく古本屋をめぐり、何か安い本がないか探し回っています。

・本に関する参考サイトの紹介・
大阪でしている古本屋のダイワブックサービス

当たり前のことですが、新刊、もしくは新刊で発売された価格の半額くらいの値段ならば、ほぼ苦労するなく入手することができます。
新刊は普通に書店やネットショップでも買えますし、現代ほど買取事情が整備された状況であれば、定価の半額になった古本は、発売から数ヶ月もしない内に古本屋へと並べられます。

古本屋に買いに行く方が多いのですが、ある程度冊数が溜まると買取してもらうために、古本を見に行くついでに持ち込みすることもあります。
買取してもらったお金で、古本を買ってそれを買取してもらうことがサイクルになっています。

ワゴンセールされているような100円台の本となると、発売されてからすぐの本は古本屋に並びません。
並ぶのは、だいぶ前に大ヒットして大量生産された本が中心になりますから、そのころにはすでに自分の「読みたい」という欲求がなくなっていることがあります。
ただ、本というのは本当に何年経っても内容は色褪せないという特徴があります。

たとえば、私の好きな赤川次郎さんの作品である「三姉妹探偵団」は、文庫が発売されたのが1980年代、つまりの私が生まれた世代の本ですが、2014年に読んでも十分楽しめる内容の本になっています。ですから、たとえブームを過ぎた古本でも、ブームを過ぎたからといっておもしろくなくなるわけでは決してないのです。

ですから、本というのは新刊で買えればそれに越したことはありませんが、古本で安く買うというのも、また買い方や読書の方法の1つとして、とても楽しめるものです。

ですので、これからも古本屋をめぐって1冊でも多くの良書を手にし、読破していきたいと私は思っています。

便利なインターネットの本屋さん

みなさんは本ってどこで買ってますか?
私は最近は本屋ではなくネットで買うことが多くなりました。

ネットだと自分が欲しい分野の本を色々比較して探せますしクチコミなどで評判の良いものも探せます。
特に私はデザイン系の書籍やキャッチコピーに関する書籍を仕事で使うのでそういった書籍はネットで評判の良いものかどうか確かめてから探すようにしています。
デザイン系の書籍なんかは1冊3000円くらいするものが多いので失敗すると痛い金額ですし…。

マンガや小説も買いますが自分の欲しいと思っている本がちょっとマイナーだったりすることも多くそういう場合は本屋さんに行っても置いてないんですよね。
そんなときもネットは便利です。

大体Amazonや楽天やポンパレモールで買っていますね。
まずはAmazonで探してみます。
Amazonだと新品と中古の在庫を両方同時に検索できるのが便利ですね。
私は中古があって新品よりも安い場合はたいてい中古で買っています。
中古でも結構きれいな本が多いですよ。
家計には助かりますね。

ただ、中古で買った本のお金はその本の作者さんには入りませんからマイナーな作家さんを応援したいという気持ちがあるときにはなるべく新品で買うようにしています。
私は楽天カードとリクルートカードを持っているので新品で買う場合でポイントが溜まっていて使えそうなときは楽天かポンパレモールで買っています。

この前は楽天のポイントが1000円くらい溜まっていたので楽天で「タオルケットをもう一度」という小説を買いました。
送料無料で届くのも早かったですよ。

この本は人気のフリーゲームを小説化したものなんです。
RPGなのでシナリオがありますからね。
それを元に少し肉付けしていった感じです。

そのゲームはふりーむ!というサイトで
水野輝和さんという作者さんが無料で配布しています。
小説と同じ「タオルケットをもう一度」というタイトルです。

このタオルケットシリーズはすごく面白くて今、3・2・1とプレイしました。
無料でこんなに面白いゲームができるなんてなんだか作者さんに悪いなあ…と思うほどハマってしまいました。

少しでも作者さんを応援したかったので「タオルケットをもう一度」の小説は新品で購入することにしました。
売上次第で続編がでるみたいです。
小説も面白かったので続編期待したいですね。

最近はネットで気軽に注文できて新品か中古かも選べるのがすごく便利ですね。

ネットの本屋さんは私の生活を豊かにしてくれる存在だと思います。


角川書店のチャンネル

・本に関する参考サイトの紹介・
ジュンク堂
紀伊國屋書店
Honya Club

古本の中のさまざまな物語

・本に関する参考サイトの紹介・
枚方で出張をメインに古本買取

今まで本をかなり読んできたために、家の中は本だらけになっています。

しかし自分の「読書好き」は止められず、図書館へ行って何時間も本棚の間を歩き回っているのを幸せに感じたり、読みたい新刊書を予約したりしています。

最近の1番のお気に入り作品は映画にもなった「永遠の0」がお気に入りで何度も読み返しました。

それでもやっぱり自分の気に入った本は自分のそばに置いておき、「読みたい」と思う時にすぐに手が伸ばせるというのが理想の生活。
そのために今まで以上に古本屋へ行く機会が増えました。多く蔵書をしているのですが、お気に召さなかった本などは本を探すついでに買取をしてもらっています。

中には最近出たばかりの本が並んでいたり、学生時代に読んだけれど、数年前から行方不明になってしまった本に再会できたりして、思わず手にとって当時を思い出したりしています。

そんな風に読書の楽しみもあるのですが、最近本を買った時に読書以外の楽しみがある事を見つけました。

ある日古本屋で買てきた本の中に一枚の手紙が入っていました。それには短く
「○○様、今年もどうかよろしくお願いします △△」
と書かれていました。

この二人の間には、この本を間に挟んでどんな物語があったのだろう。
友達? 職場の同僚? 職場の先輩後輩? それとも恋心を寄せている人?・・・たった一行のメモ書きのような手紙でしたが、自分の買った本の中からまた別の物語が出てきたようで、なんだか宝物を見つけたような気分になりました。

そんなことを考えながら本を買っていると、案外本の間からは色々なものが出てくるものです。自分の顔をイラストで描いたカラフルな名刺が出てきたこともありました。
いきなり電話をかけてみたら、案外本の話題で盛り上がり友達の輪が広がるかも・・などと出来もしないような想像をして楽しんでいます。

ほかにもどこか遠い街の本屋のレシートや、昔懐かしい文庫についていた模様のしおりなど・・・。
見つけたものは自分の机のビニールシートの下に入れて、博物館の展示室のようにいつも眺められるようにしています。

本という物語の中から別の物語が出てきてそれがどんどん広がっていく・・・。宝探しをするような気持ちで今日も古本屋の棚を眺めています。

私にとっての本というものについて

幼い頃からずっと親しみつづけている私の趣味が読書です。

購入したり、図書館から借りたり、方法はさまざまですが、今まで本当に多くの本を読んできました。
絵本、ライトノベルから始まり、ミステリ、ファンタジー、などジャンルを問わずそれはもうたくさんの数です。
・本に関する参考サイトの紹介・
筑摩書房のジャンル一覧

それだけ多く本を読んだのなら、さぞ賢くなっているはず…、なのですが、そう上手いことはいかずに、残念ながら平々凡々な生活を送る一市民として生活を送っております。
知識量もきっと、並以上ではないでしょう。
それは、私にとって本を読むということがイコールで知識を得るため、ではないからだろうと思います。
記載されている物事を知り頭へ溜め込んで人生や仕事に生かす、というスタンスでは本を読んでいないからなのでしょう。

ではなんのために本を読んでいるかというと、それは本に書かれている物語や事実を楽しむためです。
つまりは一過性のもの、と言えるのかもしれません。
読んでいるあいだに味わう本の中の喜怒哀楽やドラマに感情を上下させることそ、そのものを楽しんでいるからでしょう。
つまりは本の中へ入り込んでいる、と言い換えることができるのではないでしょうか。
そのままどっぷり浸かりこんでいたらそれはただの現実逃避ですが、その本を読んでいるあいだの高揚を抱えてこそ現実を乗り越えられる、楽しめる、というものでもあるのです。いわばエネルギーのひとつとして、私にとって本はとても重要なものなのです。

本の中には知らなかった真実や出来事、格言などがちりばめられているので、それをただ物語を構成する一要素としてみなすのは、けっこう勿体ないものかとも思いはします。作者、本の作り手側からみても、「それはないよ」と思われてしまうのかもしれません。けれど、こんな本の楽しみ方もできるというのも、それはそれで良いのではないかな、などと自己弁護したりもします。昔はお金がなかったので、図書館や古本屋などに行っていましたが、最近は紀伊国屋やジュンク堂ばかり行っています。この2店舗はおいている本が多いのでお勧めです。

一度きりの人生で、自分の好きなように過ごせる時間は実のところそれほど多くはありません。
その時間を本で費やしているというのは、本のありようとして、幸福なことに違いないでしょうから。

読むチカラ鍛える方法

みんな本を読まなくなった、という話はよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょう。


・本に関する参考サイトの紹介・
読書術:本の賢い読み方・選び方

ベストセラーが話題になれば、「読んだ」「買った」という声があがります。
本屋さんに行けば、立ち読みをする人も多いけど、レジに並ぶ人もいます。
もしかすると、読まない人はまったく読まない代わりに、読む人は一人で何冊も読むという事なのかもしれません。

ほとんど本を読まないという人は、ちょっとした文章でも、解釈がうまくできない場合があります。
なんというか、文章の意味が読み取れない、という感じ。
これにぴったりな表現があって、「文字は読めるけど、文が読めない」というものです。

そうです。
ただ文字を読むのと、文意をくみ取るというのは、まったく別の次元の話です。
そこになにが書いてあるのか、内容をかみ砕いて、飲みこんで、ようやく中身が理解できるのです。
物語を読むということには、なにが書いてあるか、と、どう書いてあるか、ふたつの意味があります。
どちらも読めないと、楽しみは半減します。
おそらく、本がきらい、という人はこの「読む」というのが苦手なのかも知れません。

ところで、本には物語以外にも、マニュアルとかハウツーなどと呼ばれるものがあります。
こちらは、先ほどの読み方とは、また違って、何が書いてあるか、がとても重要。
表現よりも、内容が全てだからです。
とはいっても、なんでもいいというわけではなく、読みやすい方がいいとは思いますが。
読みやすく、わかりやすいというのが、マニュアル本の基本ですね。

漫画についても、読む能力が求められている気がします。
それも、高い能力。

物語を読む能力は当然ですが、同時に絵に対する読み込み、そこに描かれていない部分についての、じぶんなりの解釈など。
描く側がそれを意図したかどうかはわかりませんが、人気があるものほど、読む側の解釈に委ねる部分が多いような気がします。

まさに、作者と読者で作り上げる世界といえます。

古本の楽しみは読む以外で・・・

古本を嫌う人も大勢居ますが、私は嫌いではありません。

確かに古本は、誰かが読み終わって、「不要」と言う事で売り払われた物が多いです。
ページの端が折ってあったり、マーカーでラインが引かれていたりします。
これらは、キレイな状態とは言えませんが・・・これが古本の「味」だと思えば、さほど気にはなりません。

特に、資格関係の参考書読んでいると、前の持ち主が熱心に読んだのか、いろいろな書き込みを目にします。
とんでもないところにマーカーが引いてあって、さらにペンで「重要」と書いてあるのを見た時は、試験受かったのかなと、他人ごとながら気になります。

この様に、前の持ち主の「生活」や「性格」の一旦が垣間見えるというのが、古本の面白いところです。

この他、しおりの代わりなのか、いろいろな物がページの間に挟まっています。
例えば、ビジネスホテルのレシート。
仕事熱心な会社員が、出張先に持って行って本を読んだのでしょう。

でも、レシートの明細を見ると、ビールとか飲んでたりして、本当に仕事熱心なのか、ちょっと不安になったり。

普通の紙製の栞も、全国の書店の物や、いろいろな出版社の物があって、なかなか面白いものです。
内容も、ちょっと前の映画(文庫が原作)の広告だったりすると、当時を思い出して、ふと懐かしい気分になったりします。

一度、「四つ葉のクローバー」が挟まっているのを見つけた時は、ラッキーな気分になりました。
まぁ、あまり栞に向く物ではないので、挟んでそのまま忘れてしまったのかも知れません。
持ち主は、幸運を逃しやすいタイプと見ました。

困るのはハガキや写真など、プライベートな内容の物が挟まっている場合です。
これは、自分にはどうする事もできません。
ただ、「大事な物で無いといいなぁ」などと思うくらいです。

この他、洋書を古本屋で買うと、外国の新聞の切り抜きや、スーパーか何かのクーポン券が挟まっている事があります。
恐らく、私がその国や、その店に行くことは無いのだと思いますが、なんとなく地図で調べてみてしまったり・・・。

古本と言うのも、なかなか面白いものだと私は思います。

・本に関する参考サイトの紹介・
オススメの洋書で英語力アップ